About US

原田研究室2016年4月にスタートした新しい研究室です。本研究室では、ロボティクスにおけるロボットアームやロボットハンドによる「マニピュレーション技術」に関する研究を進めています。研究室のモットーは「楽しみ、頑張る」です。人は興味を持ったことに集中しているときが、一番輝き充実しています。研究室の学生には、研究の楽しさを是非知って、充実した学生生活を送って欲しいと思います。


About Robotic Manipulation

担当:原田教授、ワン准教授、小山助教

マニピュレーションとは、ハンドを先端に搭載したロボットマニピュレータにより把持対象物を”操る”ことを意味します。ヒトの手が持つ機能は非常に高度であり、このヒトの手が持つ機能をロボットで実現することは非常にチャレンジングな研究になります。ヒトは何気なく日用生活品を手で掴み、様々な作業を行っていますが、ヒトは様々な先験的な知識があって初めてこのような作業を実現しています。よって、これをロボットで実現することは皆さんが予想するより遥かに難しく奥が深い問題です。人の手の機能を解明することは、人の知能を解明することに他なりません。本研究では、学術的/実用的両方の観点より研究を進めていきます。特に、実用的な観点からは、産業用ロボットによるマニピュレーションを課題として取り上げています。ただ、研究室の研究テーマは、これらに縛られません。何か興味があることがあったら、気軽に研究室の扉を叩いてください。